会社から変えてくる道、祠(ほこら)みたいなところを通るのですが、そこだけ電灯がないんです。

大きな樹があって真っ暗な上にここを通る時って、暗闇のほうからすごく視線を感じるんです。

通り過ぎると背中はゾクゾクするような感じがして、あまり気持ちがいいモノではないんです。

特に霊感があるというわけではないのに、これだけ感じるというのはやっぱりなにかあるんでしょうね。

で...

今日の帰りですが。

いつものようにそこの道にさしかかりました。

大きな樹の根っこのところから白い顔がこちらを見つめています。

出た(;´Д`)

とうとう出たよ(つд・)

その距離7m。

真っ暗ですが、樹の根っこのところだけぼんやり白く光っていて、明らかに人間の顔の高さではない低い位置に顔があり、こちらを見ています.....

どうしよう….(;´д`)

(((( ;゜д゜)))アワワワワ

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

戻ると遠回りになるので、突っ切る決心をして一歩一歩近づいていきました。

重い足取り…

近づいてくる白い顔….

((;゜Д゜)ガクガクブルブル

((((;゜Д゜)))ガクガクガクブルブルブル

ε≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ヘ(;゜Д゜)ノ

通り過ぎる時、恐る恐るその顔を(横目で)見てみました。


#注 写真は私が見た実物ではありません

(T▽T)

いつもは無いのに今日に限ってこんなものがこんなところに….

ぜってー中学生の仕業だヽ(`Д´)ノプンプン