(文才も無いのに)長文です。
7/2(日) サバイバルゲームをしてきました。
実に10年ぶりくらいです。
サバイバルゲームといえば、ほとんどの方がイメージするのは緑色の迷彩服を着て、林の中を走り回るイメージでしょうか。
今回はちょっと違っていて、ベニヤやパーテーションで簡単に仕切られた8畳くらいの部屋がたくさんある室内で行いました。
こういうゲーム用に場所を提供しているところがあってフィールドとい
います。
http://ibf8.web.infoseek.co.jp/field.htm
こういったフィールドでは安全に遊ぶためのルールがあり、それを守っていないと参加することができません。
ここでルールを簡単に説明します。
・ゴーグル着用厳守
 何よりこれが最優先です。無いと参加できません
・武器はハンドガン(拳銃タイプのもの)を利用
 パワーチェックがあり基準以上のパワーがあるものは使用不可
・弾が1発でも当たったらヒット(アウト)。退場になります。
 あくまで自己申告です。近距離なので撃ったほうも手ごたえがあったりします。
・味方を撃ってしまったら、自分が退場になります。
 これは精神的に凹みます(笑)
といった感じです。
このような室内がメインのものをCQB(Close Quarters Battle)というのですが、映画やドキュメンタリーなんかで人質をとった犯人が立ても篭っている建物に、突入したりしますよね?あんな感じの雰囲気で展開されると思ってください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CQB
しかもこのような室内なので…
角を曲がったら敵と遭遇。
見えない隙間から狙われていた。
ドアを開けたら裏に敵が潜んでた。
なんてことは別に珍しいことではありません。
いくらパワーに制限があっても銀玉鉄砲ではないので、当たると痛いです(笑)
#どれくらいかというと"上手いデコピン"くらいです。
これが、またとても難しくて、ものすごい緊張感です。
人影を見たら隠れる前に撃たないと撃たれます。
でも、その人影は味方かもしれないので、それも一瞬で判断しないといけません。
10名参加なので5:5に分かれて、どちらかのチームが全員退場したらそこで終了。となります。
一歩一歩慎重に前に進むのもよし、ドアを次々と開けて一気に突入するもよし。
記念すべき10年ぶりの第一戦は...
ゲーム開始から10秒たらずで、一発も撃たずに、撃たれました(笑)
あまりの緊張感に、退場して戻ったら手が震えてました..
それから4,5ゲーム経験して、やっとゲーム終了(5分)まで生き残れることができるようになりました。
さらに4,5ゲーム経験して、地形や、動き方の感覚ができてやっとゲットできました。
最低記録は10秒で終了
最高記録は1ゲームで3人ゲットです。
全体としてはやられた数のほうが格段に多いですけどね(笑)
そんなこんなで10~17時(昼食あり)たっぷり遊んで、汗びっしょりです。
でも日頃仕事中にかく変な脂汗とはまったく違う汗をかき、家に帰った
ら2kg減ってました(笑)
いやー、これ、ホントに楽しいです。
一昔前、パワー重視のガスガンで、ただただ痛い思いをした方も多いと思います。(私もその一人です)
大人になった今、こういった決められたルールにそって遊んでみるのも面白いと思いますよ。