8/14 夏休みの最終日。
事前検査の予約は15:30、15:20くらいに到着。
場所は有楽町の交通会館
有楽町線の地下通路からそのまま交通会館に入り、中央のエレベータで
9Fへ。
通路の突き当たりが「品川近視検査クリニック」
事前検査のみを行う場所だそうです。
入るときれいな内装に、女性の受付が3名ほどいます。
待合室には30名ほど座れるソファーが並んでいるが10名くらいが座って
いる。
予約している旨を伝えると、問診票を渡される。
ありきたりの「病気の経験」や「常用している薬」など。
問診票を受付に渡して、待つこと10分。名前を呼ばれ女性スタッフに着
いていくと見慣れない機械がいくつか並んでいるところに座らされる。
視力を測ったり、眼圧を測ったり、ウエーブアナライザという機械など
で、目のいろいろなことを測っていく。
次に視力検査。お約束の「C」である。
検査表の前に座ってからメガネをはずすので、上から3段目くらいは正直
なところ覚えてしまいます(笑)
ただ、そこは自分にウソをついて、見づらいものは「見えません」と言っ
ておいた。
続いて暗室に連れて行かれて、暗いところで同じように眼球の検査をす
る。
特に難しいことはなく、座って顔を乗せていればOK。
スタッフ:「もっと目を大きく開けてください」
σ(゜∀゜ :「コレが限界です。」
暗室での検査が終わると次は術前/術後の注意点と、合併症の説明。
かわいい声のおねぇさんが5分ほど説明してくれました。
別の場所に連れていかれ、瞳孔が開く目薬をして、なにやら検査。
瞳孔が開いていると近くが見づらくなるようで、待ち時間に雑誌を読も
うと思っても、ちょっと離して見る、老眼のような仕草になっていた(笑
)
次に角膜の厚みを測る検査。
眼球に透明な器具をあてて超音波で厚みを測るそうです。
点眼麻酔をして、いざ計測。
おおー。棒が近づいてくる…視界が波紋のようになったと思ったら「ピー、
ピッピッ」って、おお、点眼麻酔すげー。
検査の合間にはそれぞれ5分くらいの待ち時間があって、ここまでで1時
間半くらい経っていました。
次にドクターの問診と最終判断があります。
案の定「乱視が強いですね。でも手術可能ですよ。」って。
「手術について、心配なことはありませんか?」といろいろ説明しても
らいました。
問診が終わって待合室に出てしばらくすると、受付に呼ばれた。
スタッフ:「手術が可能なので、手術日を予約いただけます。
      22日で予約されていますが、もう少し早くできますよ」
とのこと。
手術当日は当然ですが、2日くらいは安静にする必要があると聞いていた
ので、土日を絡められる8/18(金)で予約した。
スタッフ:「では8/18にお待ちしております。」
と診察カードを渡されて終了。
だいたい2時間くらいの検査が終了。
手術可能という安心感と、手術への不安感が入り混じったまま家に帰っ
た。

Please follow and like us: