mixiで足跡を残しつつも日記にコメントをしないことを
「読み逃げ」って言うらしいです(笑)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/20/news042.html
そして、なんとこれを「悪」とする風潮があるそうで(苦笑
人間関係が希薄になりがちな今の世の中、それを求めるいわゆる接触飢餓がSNSを発展させたと言われています。
mixiはブログやサイトを持っていない知人の近況を知るのには便利なツールだとは思いますが、コメントを付けることを強制するようでは、関係はより形式的になっていってしまいますよね。
mixiへログインする時間帯や頻度も人それぞれですし、このネタ書いたらアノ人が反応するかな?とか何気なく書いた日記に意外な人が反応してくれたり、そういう楽しみ方もまた一つだと思います。
上の記事を読んでいて、ふと社会人なりたての頃のことを思い出しました。
社外研修で知り合った他の会社の人だったのですが、HPを作りたいというので、HTMLの本をあげたり、教えたりしたのですが、ずいぶんとハマったようでメキメキ上達しました。
1ヶ月経ったころからHPの更新情報がメールで数十人に配信されるようになり、そこには更新情報のトピックだけでなく、全容が記載されていました(笑)
メールの文面の最後には「掲示板にカキコしてくれるかメールをくれると喜びます」とあった。
いろんな人が掲示板に感想を書き込んだりメールを送ったりしました。
でも一度たりとも彼から掲示板やメールで返事が来ることはありませんでした。
きっと、みんな優しかったんですね(笑)
何度か更新情報が送られてくるうちに、だんだん掲示板への書き込みも減り、更新頻度も下がり...あとはそれのループで最終的にそのHPは廃墟となりました(笑)
なんか、上の記事でOkWebに投稿した人と共通点があって懐かしかったです。
…で、こう長い日記を書くとコメントが付かないヨカーン(笑)

Please follow and like us: