もう1ヶ月前ですが、2月22日~23日過去最高のテンションで望まなければいけないと予想していた研修。
そう、中堅リーダー特訓セミナー(1泊2日@三浦海岸)
行く前の憂鬱っぷりはこちらのエントリで。
【1日目】
Just In Timeな私は時間ちょうどに現地入り。(ギリギリなわけではありませんw)
するとそこはタバコの煙と加齢臭が立ち込めるオサーンワールドでしたw
70名近い参加者で、年齢層は30歳~定年間際のような人まで多数。
開始時刻になると事務局スタッフが前に立ち
「総員○名、欠員1名! 欠員の内訳、遅刻 ××会社 ○○!」
といきなり遅刻者の晒しから始まりましたw
この点呼、どっかで聴いたことあると思ったら「男たちの大和」で似たようなフレーズを聞きました。
つまり今回は海軍なわけですw
しかもこのスタッフが坊ちゃんみたいで色白で声が高くてキャラ的に神経を逆撫でするんですw
「次に配布物の確認をします!○○、××、△△ 以上、過不足ありませんか?!」
まぁ普通は過不足がないわけです。
しばらく沈黙の後・・・
「ワタクシが"過不足ありませんか?"と伺ったら、全員で"ありません!"と返事をお願いします!」
なんて言いやがりましたw
うわ、すっげー非効率w
通常、大多数の人は過不足が無いわけで、言ってみれば"問題のない人"。
過不足ある人の少数の声がかき消されてしまうわけですw
何たる昭和の軍隊精神w
「研修スローガン」と「参加心得」を全員で唱和。「リーダーの心得」というCDを聞きながら黙想。
次にコーディネータ(講師)紹介。「コーディネーター前へ!」「ハイ!」という感じで腰に手を当てた大人が6人ほど小走りで教壇の前に駆け寄り各々立ち位置で停止。
「自己紹介はじめ!」の号令とともに一人ずつ自己紹介をされました。
そして極めつけ、
「講義室への出入りでは教壇に向かって一礼をお願いします!」
剣道部だったときのことを思い出しましたw
ちなみに教壇の上には主催した会社の社旗と並んで、日の丸が!
誰か噛み付くかと少しワクワクしましたが、特に意見も無くオリエンテーション終了。
ココまででたったの約30分です。
もうこの時点で鳥肌ブルブルですよw
えらいところに着てしまいまいた・・・
次に80分の講義です。80分座ってないといけません。まるで大学の講義です。
講義の開始と終了時は事務局スタッフの「姿勢を正して!起立!礼!着席!」の号令に合わせて「よろしくお願いします」「ありがとうございました」の挨拶。
講義内容はいたって普通。この手の研修で聞けそうな内容でしたが、講義の間も他の講師も同席して受講するスタイルでした。
まぁ熱心さは伝わってきますがね・・・
感心したのはぴったり時間通りに終わるということ。他の研修の場合、講師の裁量で区切りのいいところで休憩を挟んだりしますが、ここは違います。すべてがタイムスケジュールどおり。
でもね、終わるのは時間通りですが、「5分前精神」とやらで10分の休憩時間のうち5分経過後は講義室の扉が半分閉まるんです(笑)
さて、ここでお昼です。
なんと食堂の出入りにも一礼が必要だそうですw
まぁルールなら従うまでです。とことんやってやろうと思いました(洗脳され気味w)。
全員でご飯と味噌汁、お茶を用意して全員一斉に「いただきます」
周りの参加者と話しながら食事をすること10分。
事務局スタッフが「ココで連絡事項が2点あります。チェックインを~。午後の講義は~です」
はいはい、わかったよ。食事くらいゆっくりさせてくれよ・・・
「それではココで中締めをします。姿勢を正して!」
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
「ぉぃぉぃ」という声がいたるところから聞こえてますが、そんなことはお構いナシに「ご馳走様でした!」
10分で食えと?
とっても健康的ではありませんw
「食事を続けられる方はどうぞ」
といわれるも、ほぼ全員が食事継続。講師も食事継続。
午後1番は自己診断テストです。
120問(だったかな)の質問に答えると性格診断されるというもの。
まぁこれは普通に終了。
続いて基本動作訓練(1)です。
今回の研修で一番興味があった講義です。
講師は私と同じくらいの年齢のスポーツマン風の男性でした。
実際教わったことは・・・きをつけ、休め、礼、腹式呼吸や発声練習
礼にいたってはビシッビシッって感じです。そう「男たちの大和」で松山ケンイチが中村獅童に湯飲みを渡したときのアレですw
次にグループ討議です。
70名が5グループに分かれて「経営者と管理者の違い」について討議をして議事録にまとめて発表します。
これについては講師がタイムスケジュールを取って"終わるように誘導"するので無制限マッチになることはありませんでした。
議長、板書、議事録、発表と分担してそれなりに終了。
ここで夕飯です。
まぁ昼食と大して変わりません。
別に美味しいわけでも不味いわけでも、特に話のネタになるような食事ではありませんでした。
さて夕飯終了後、計数講義です。
売り上げとか固定費とか損益分岐点とかそのあたりです。
計算機持参の通知があったのでさぞかし複雑な計算をするのかと思いきや、暗算で計算できるほど簡単なものでした。
講義の後は実習ですが、ここでは講師の説明の仕方がよくなかったとこと、少々わからんちんのオサーンがいたことであまり進まずちょっと不完全燃焼気味。
すべての講義が終わり、終礼と明日の連絡事項があって、やっと、本日のスケジュールが終了です。
このとき21:30です。
宿泊する部屋は別の会社の人と相部屋。
問題はカギが1つしかないということ。
部屋に入ると相部屋の人が「ちょっとタバコ吸ってきます」というので「どうぞ、部屋で待ってます」と言って送り出したものの待てども待てども帰ってこない。
カギ掛けて出ちゃうとその人は入れないので部屋で待っていましたが結局帰ってきたのは24時頃。
「呑んできました」だそうだ・・・まぁいい。明日は6時起床、ちょっと風邪気味だからフロも入る予定無かったからさっさと寝よう。
...と思ったら相部屋の人のトークが始まった。
「ご出身は?」なんて話から、どんどん共通点が出てきて、なんと妻の中学時代の同じクラスだった人でした。
凄い偶然ですね。帰ってから妻に話したら、妻の親友がアタックして砕けた相手だったとかw
【2日目】
朝6:30起床。目覚ましを掛けていたので少し前に起きていましたが、6:30になると同時に館内放送で「起床の時刻です。事務局から2点連絡です。○○をして~、××をして7時に集合してください。以上」といきなり連絡事項w
寝ぼけてる人は絶対聞き漏らしたなw
7時に着替えて講義室へ移動。
全員でラジオ体操→名刺交換の基本動作訓練(2)
そんな感じで30分経過後、朝食。
朝食後、例によって黙想をしながらCDを聞いて、オリエンテーション後、グループ討議。
課長、係長、担当と3階層の登場人物による物語に対するケーススタディです。特にコレといったネタも無く終了。
グループ討議の発表が終われば昼食。晴れて最後のご飯となります。
何度かココの研修を受けている人が言うには最終日の昼は必ずカレーらしいですw
午後になると今度はビデオによるドラマ仕立ての物語を見て、ケーススタディです。
まぁこれも特にコレといって面白いものではありませんでした。
いよいよ終盤に差し掛かった研修。
1日目にやった診断テストの結果が配布された。
いろいろと分析やら判定がでるのですが、一番笑ったのがこれ↓

フォト

講師の説明によれば自律性よりも共感性が5pt以上上回っている人は、「思いやり」があるそうです。
また成就性よりも創造性が5pt以上上回っている人は、「アイデア」や「ユーモア」のセンスがあるそうです。
太い黒い線が理想線です。
8番より上は理想線より右に出てるほうがよくて、8番より下は理想線より左にあるほうが良いそうです。
上はほとんど足りてねーし、下の抑うつ性とか神経質、劣等感は大幅に上回ってるw
ぜんぜんダメじゃん、俺(笑)
って思って周りのオサーンを見回したらほとんどの人が5ptくらいしか獲得していませんでした。ちょっと自信を持ちましたw
診断テストの結果に若干凹みつつ、最後の講義、自己計画の立案です。
診断テストの現状分析と、2日間の講義で学んだこと、自己成長や部下育成等を絡めて、会社に提出する今後の計画を作成するというもの。
まぁこのあたりはケーススタディですし、計画を立てるという作業が重要なので適度にホラ吹いて書いておきました。
この計画書を講師に確認してもらって、OKが出れば講義は終了です。
会社でそれなりの書類を書いているので、一応、一発OKをもらって終了~
予定通り16:30終了。セミナー会場を後にしました。
終わった後の開放感はこちらのエントリで。
日程中は会場から外出することは禁止されているのと時間的な余裕がなかったことから、三浦海岸駅で一休み。
駅前に喫茶店を 発見(*゚Д゚) ムホムホ 。
そこでおいしいコーヒーを(もちろん大人のブラックで)頂き電車を待つ。
店員さんが加藤ローサと中島美嘉を足して3で割ったような感じで結構かわいくて、コーヒーとの相乗効果で癒されました(笑)
終わってみれば
「全社員 行けや!(#゚Д゚)ゴルァ!!」
と言いたいですが、もう一度行けといわれたら本気で拒否します。