って、売ってないですよね。
前から気になってたので調べてみたら記事がありました。
http://www.asahi.com/edu/nie/tamate/kiji/TKY200803040306.html
要するに、牛乳の殺菌方法や容器については法律で決まっていて、ペットボトルは認められていなかったということです。
そして、去年の終わりにそれが認められたそうなので、いつペットボトルの牛乳が発売されてもおかしくないそうです。
ただ、常温保存ができる飲み物じゃないので500ミリリットルではなく350ミリリットル以下にして一度に飲みきれる量にするということです。
ペットボトル入りを決断した理由としては、牛乳離れが進んでペットボトル入りのお茶にトップを奪われたため、
復権をかけてのものだったようです。
ただね・・・
ペットボトルにしたら売れるんですか?
牛乳離れは「容器」の問題じゃないと思うんですよ(笑)
一度で飲みきるなら紙パックでもいいわけで、あえて処分に困るペットボトルを買おうとは思いません。
当家の牛乳消費量は2リットル/日なので、アメリカのようにガロンのボトルとか、もっと言えば牛乳が出てくる蛇口とかがあったらほしいくらいです。
どうせならポカリスエットとかコカ・コーラと肩を並べる1.5リットルのペットボトルで作って欲しいものです。