前回「Dropboxの複数アカウントを同時に利用する方法」で成功したDropboxの複数起動ですが、1つ難点がありました。

それは「メインのアカウント以外のDropboxのアイコンがタスクトレイに表示されない」ということです。
タスクスケジューラから起動するのでプログラム的には起動していますが、別のユーザーアカウントで動作しているのでログオンしているユーザーのデスクトップにはアイコンが表示されません。

そこで、もう一つの方法を考えてみました。

今回は別のユーザーアカウントで動作させるのではなく、ログオンしているユーザーから別のユーザーの権限でDropboxを起動するというものです。

これを読んで「役に立った!」という人は是非紹介リンクから登録してみてください。「あなた」と「私」に500MBのボーナスが加算されます。
https://www.dropbox.com/referrals/NTczNTg1ODg0OQ?src=global9

ポイント

ログオンしているユーザーでDropboxを起動するためには、別のユーザーアカウントのDropboxのショートカットをスタートアップに登録します。
ただし、単純にショートカットを作っただけではログオンしているユーザーアカウントで動作してしまうので、別物として起動してくれません。
ここでのポイントは別のユーザーアカウントで起動するショートカットを作ることです。

設定手順

手順は以下の通り。
複数のDropboxの設定が完了しているものとして説明します。
複数のDropboxを設定する方法は「Dropboxの複数アカウントを同時に利用する方法」の1〜8を実施してください。

メインで利用するユーザーアカウントをユーザーAとすると、ユーザーBのDropboxのショートカットをユーザーAのスタートアップに登録すれば良いことになります。

まず下準備としてフリーソフトのRunAsPWをダウンロードして適当な場所に解凍してください。(仮に C:RunAsPW とします)
RunAsPWは指定したプログラムを、指定したユーザーアカウントで起動できるツールです。これを使って別ユーザーアカウントで起動させるショートカットを作ります。

前回の復習ですが、ユーザーBのDropboxは以下の場所にインストールされています。

C:Documents and Settings<ユーザーBのアカウント名>Application DataDropboxbinDropbox.exe

RunAsPWを使って、ユーザーBのアカウントで起動するために以下のように設定します。

C:RunAsPWRunAsPW.exe /user:<ユーザーBのアカウント名> /password:<ユーザーBのパスワード> “C:Documents and Settings<ユーザーBのアカウント名>Application DataDropboxbinDropbox.exe”

試しにこれをコマンドプロンプトか「ファイル名を指定して実行」で実行してみてください。2つめのDropboxアイコンがタスクトレイに表示されれば成功です。

あとはこのパスを設定したショートカットを作成して、ユーザーAのスタートアップに登録しておけば、PC起動時に自動的にユーザーBのDropboxが起動されます。

f:id:mstkwb:20100321004235p:image

今度はちゃんとタスクトレイにアイコンが出ましたね。
そのアイコンからそれぞれの「My Dropbox」フォルダを開いたり、Dropbox Web Siteへジャンプすることができます。

アイコンのデザインは同じなので、見た目で区別はできませんが...(笑)

これを読んで「役に立った!」という人は是非紹介リンクから登録してみてください。
「あなた」と「私」に500MBのボーナスが加算されます。
https://www.dropbox.com/referrals/NTczNTg1ODg0OQ?src=global9

Please follow and like us: