PCネタです。

おととしくらいに買ったNAS(LS-WH1.0TGL/R1)もファームが怪しいのか一晩置いておくと接続できなくなっていて、その対策で買ったEasyStore H340もスペックが遅い&DEのおかげでディスクが常に読み書きされるような状態。
最近はサーバー公開もしていないので、24時間稼動でなくてもいいしマシンである必要はないのでNASの購入検討。

条件は以下の3点

  • RAID1で1TB以上
  • GigabitLAN対応
  • 4万円以内

条件に合うもので手ごろなのが以下の2点です。

IO DATA HDL2-G2.0
http://www.iodata.jp/product/hdd/lanhdd/hdl2-g/

BUFFALO LS-WX2.0TL/R1
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ls-wxl_r1/

価格はそれぞれこんな感じです。

HDL2-G2.0
アマゾン:¥24,567-
ヨドバシ:¥31,800-

LS-WX2.0TL/R1
アマゾン:¥32,800-
ヨドバシ:¥39,800-

ヨドバシのポイントもある程度あったので、先日の外出の帰りに新宿に寄ってみましたが、アマゾンとだいぶ値段が違うので躊躇してやめました。

比較したときの私から見た長所はこんな感じです。
IO DATA HDL2-G2.0

  • 8Kくらい安い
  • FANレス
  • USBポートが前後に合計2つ

BUFFALO LS-WX2.0TL/R1

  • PCと連動して電源管理ができる。
  • プリントサーバ機能がある(双方向は非対応)
  • BitTorrentダウンロード機能がある。
  • LinkTheaterとの相性が良い(はず)
  • iPhoneからアクセスできる(iPhone持ってないけど…)

プリンタがスキャナつきの複合機なので、今は双方向対応しているプリントサーバを持っています。
それにBitTorrentダウンロード機能って使うのか?という疑問もあります。

アマゾンのレビューを見るとHDL2-G2.0にはFANレスなので本体が熱くなるとか、繋がらないときがある。という書き込みがありますね。
価格.comの評価ではLS-WX2.0TL/R1がNASでトップなので、気持ち的にはLS-WX2.0TL/R1なのですが、8Kの価格差があれば気になっているBluetoothのトランスミッタも買えるしな...とか考えてしまいます。

Please follow and like us: